投稿者「八百新酒造(株)」のアーカイブ

5月25日より『本家まつがね』にて、岩国五つの酒蔵展が始まりました。

本家松がね_五つの酒蔵展

錦帯橋近くにある岩国市の観光案内施設『本家松がね』にて『五つの酒蔵展』がはじまりました。当初5月1日から(~11月29日)と予定されていたこの企画は新型コロナウイルス感染拡大のため開催が延期されておりましたが、緊急事態宣言の解除にともない漸く開始となったのものです。

弊社をふくめ岩国が誇る五つの酒蔵(雁木、獺祭、金雀、村重、五橋)の展示物を鑑賞しながら、それぞれのお酒を地元窯元の酒器で試飲もできます。雁木は????蓮根グラス(ガラス工房〇製)で

 

6月16日 祖生の棚田で田植えをしました。

昔ながらの田圃じかの苗代で育てたポット苗を田植えをする棚田に運びます。

 

除草に農薬を使わないので田植え後たっぷり水を張る水深を超えるだけの背丈にしっかり育てました。

ハランに包んでいただいたおにぎり最高!    快晴、空気がおいしい!

棚田6枚の田植えが終了。山崎さん、神尾さん、篠田さん+雁木チーム おつかれさまでした!

 

8月4日 祖生の棚田で草取りをしました。

 6月に田植えをした苗がここまで成長。直立ではなくやや放射状に広がり気味に株が伸びていくのが有機栽培の特徴だそうです。

農薬を使わないので除草は人力で。重労働ですが、おいしい雁木のためなら!

9月10日 事始めの儀

令和2酒造年度の 実際の事始め(8月31日に着手しました)と前後しましたが、

本日事始めの神事を地元・宇津神社の宮司により挙行しました。

蔵人みな心身潔めて“造り”に臨みます。

10月15日 祖生の棚田で稲刈りをしました

神尾さん山崎さん篠田さん、祖生(岩国市周東町)の生産者有志が2018年の西日本豪雨で土砂に埋まった棚田を蘇生させ、私たちとタイアップして山田錦の完全無肥料無農薬の自然栽培にチャレンジした酒米作り。

西日本を襲った30年に一度といわれるウンカの大量発生を、全く農薬を使うことなく自然の力で跳ね除け、無事稔らせました!

感慨無量。

「海野雅威さんを支援する配信コンサート 11/15」のご案内

平成28年(2016年)に当・八百新酒造で酒蔵コンサートを開催しました。
その時出演していただいたピアニストの海野雅威(ただたか)さんは12年来ニューヨークに在住してジャズの第一線で活躍されていましたが、
去る9月27日新型コロナウイルスの猛威で荒廃しているそのニューヨークでショッキングな事件に巻き込まれました。
複数の暴漢に襲われ命の危険に及びかねない重傷を負い、全くピアノが弾けない状態になってます。
(詳細は下記URLをご参照ください)
現地では事件後すぐにミュージシャン仲間により海野さんの救援プロジェクトが立ち上がった一方で
日本においても、ベーシストの吉田豊さんらが発起人となって「海野雅威さんを支援する配信コンサート」を企画しました。
11月15日(日)
LOOK FOR THE SILVER LINING
Charity conxcert for Tadataka Unno
と銘打って、45人の日本を代表する素晴らしいジャズミュージシャンが参加して7時間に亘るコンサートを挙行します。
つきましては、上記URLにて「配信コンサート」のご案内をいたしますのでお時間の許す範囲でご視聴いただければ幸いに存じます。